市民タイムスグループ【情報】

市民タイムスグループは信州松本を中心に、地域の皆様に貢献するサービスを御提供してまいります。

今井五介の書を家宝に 松本の豆腐店・田内屋商事

今井五介の書を家宝に 松本の豆腐店・田内屋商事

 松 本市清水1の豆腐店・田内屋商事(井上貴栄社長)に、近代製糸業の発展を支えた片倉組の松本製糸場初代所長・今井五介(1859~1946)が直筆した書 が受け継がれている。「醍醐味」と書かれ、製糸場近くで豆腐店を営み親交続きを読む今井五介の書を家宝に 松本の豆腐店・田内屋商事[…]

松本と台湾意外な縁 第5代市長は高雄州知事

松本と台湾意外な縁 第5代市長は高雄州知事

 松本市と台湾に歴史的な縁があり、現 代にもつながっていることが関係者への取材で分かった。第5代松本市長の平山泰(1890~1946)は市長就任前、大日本帝国統治下の台湾で高雄州知事 を務めていた。平山と親友だった帝国議続きを読む松本と台湾意外な縁 第5代市長は高雄州知事[…]

市の合葬墓 穂高に完成 来月見学会 1月受け付け

市の合葬墓 穂高に完成 来月見学会 1月受け付け

 安曇野市が 穂高の穂高墓地公園に建設していた「合葬墓」が完成し、15日に竣工式が開かれた。多くの人の遺骨を一緒に埋蔵する施設で、少子化や核家族化に伴い、お墓 の承継が困難になる事例に対応した。市が管理するため、遺骨があ続きを読む市の合葬墓 穂高に完成 来月見学会 1月受け付け[…]

小坂田公園の再生へ民間力 塩尻市がアイデア募る

小坂田公園の再生へ民間力 塩尻市がアイデア募る

 塩尻市は 12月から、郊外の国道20号沿いにある小坂田公園(23・4ヘクタール)の具体的な利活用策を民間事業者から募る。平成27年度にプールが廃止され、公 園施設の老朽化が進むなど公園の活性化が課題となる中、市は具体的続きを読む小坂田公園の再生へ民間力 塩尻市がアイデア募る[…]

「村の賛歌」手話交え合唱 朝日小児童が歌声合わせる

「村の賛歌」手話交え合唱 朝日小児童が歌声合わせる

 朝日村の朝 日小学校の児童が、村をたたえる内容で親しまれている曲「山は大きく」を、手話を交えて歌う練習を重ねている。地域ならではの歌として改めて発信しようと いう教諭たちの呼び掛けにこたえ、各クラスの音楽の授業で今夏に続きを読む「村の賛歌」手話交え合唱 朝日小児童が歌声合わせる[…]

防災ヘリ購入県に要望 運航再開へ隊員4人派遣

防災ヘリ購入県に要望 運航再開へ隊員4人派遣

 県 消防防災ヘリコプター・アルプスの墜落事故を受け、県と消防機関、市町村が態勢再構築について話し合う検討会の第3回会議が15日、塩尻市の県総合教育セ ンターで開かれた。検討会として、アルプスに代わる新たな消防防災ヘリの続きを読む防災ヘリ購入県に要望 運航再開へ隊員4人派遣[…]

御嶽海が連勝 大相撲九州場所

御嶽海が連勝 大相撲九州場所

 大 相撲九州場所(福岡国際センター)4日目の15日、上松町出身で東関脇の御嶽海(出羽海部屋)は、東前頭4枚目の千代の国(九重部屋)を押し倒しで破っ た。2連勝で3勝1敗とし、5日目の16日は東関脇・照ノ富士(伊勢ケ濱部続きを読む御嶽海が連勝 大相撲九州場所[…]

防げパンク被害 自衛策強化

防げパンク被害 自衛策強化

 松本・塩尻両市で10月末から相次いでいる、自動車のタイヤがパ ンクさせられた器物損壊事件を受け、被害が集中した地域の住民らが、被害防止に向けた対策を強化している。チラシや町会の連絡放送で住民に注意を呼び掛け ているほか続きを読む防げパンク被害 自衛策強化[…]

外国人宿泊者松本が最多 28年の県内お 城や上高地人気

外国人宿泊者松本が最多 28年の県内お 城や上高地人気

 平成28年に松本市内に宿泊した外国 人は延べ14万755人で、県内の市町村で最も多かったことがこのほど、県のまとめで分かった。国宝松本城や安曇の山岳景勝地・上高地に人気が高く、主に ショッピングで支持されている2位の北続きを読む外国人宿泊者松本が最多 28年の県内お 城や上高地人気[…]

荒廃ワサビ田 再生へ始動 安曇野 生産拡大の検証事業

荒廃ワサビ田 再生へ始動 安曇野 生産拡大の検証事業

 収量が減少 している安曇野産ワサビの生産拡大に向け、荒廃したワサビ田を再生する安曇野市の検証事業が7日、本格的に始まった。ワサビの生産、加工業者でつくる信州 山葵農業協同組合(事務所・安曇野市穂高)が主体となり、長年放続きを読む荒廃ワサビ田 再生へ始動 安曇野 生産拡大の検証事業[…]

太陽光発電 市が指標施行 設置のトラブル回避図る

太陽光発電 市が指標施行 設置のトラブル回避図る

 塩尻市は市 内で設置が相次いでいる太陽光発電施設について、一定規模以上の施設では事前に近隣住民に計画を説明することなどを求めるガイドラインを策定した。市内で は住宅街の裏山に突然太陽光発電施設が設置され、周辺住民が不安続きを読む太陽光発電 市が指標施行 設置のトラブル回避図る[…]

池田の移住促進策に成果 専門係や補助金制度も

池田の移住促進策に成果 専門係や補助金制度も

 移住定住の 促進を図るため、本年度に専門の係を設けた池田町で成果が出始めている。6月に始めた移住体験ツアーをきっかけに2組が都会から移住を決めた。町は「空き 家バンク」と移住定住者への補助金制度を10月に始めるなど、さ続きを読む池田の移住促進策に成果 専門係や補助金制度も[…]

木曽町長に原氏再選 町議14人も決まる

木曽町長に原氏再選 町議14人も決まる

任期満了に 伴う木曽町長選挙と町議会議員選挙(定数14)が7日に告示された。町長選は無所属で現職の原久仁男氏(66)=新開=のほかに立候補の届け出はなく、原 氏が無投票で再選を決めた。町議選は立候補を予定していた現職11続きを読む木曽町長に原氏再選 町議14人も決まる[…]