市民タイムスグループ【情報】

市民タイムスグループは信州松本を中心に、地域の皆様に貢献するサービスを御提供してまいります。

松本市庁舎建設「現在地で適正」 委員会検証結果まとめる

松本市庁舎建設「現在地で適正」 委員会検証結果まとめる

 有識者5人でつくる松本市役所新庁舎建設候補地検証委員会(委員長=山沖義和・信州大学経法学部長)は27日、市役所で第3回委員会を開き、市が新庁舎の建設候補地として示した丸の内の「現在地」について、「庁舎用地とすることは適続きを読む松本市庁舎建設「現在地で適正」 委員会検証結果まとめる[…]

環状交差点の効果検証 安曇野で全国サミット始まる

環状交差点の効果検証 安曇野で全国サミット始まる

 信号機のない環状交差点・ラウンドアバウトの普及に向け、効果を検証する全国会議「ラウンドアバウトサミットin安曇野」が27日、安曇野市内で始まった。2日間の日程で初日は豊科公民館で行い、自治体や国の担当者らが整備の事例や続きを読む環状交差点の効果検証 安曇野で全国サミット始まる[…]

「縄文のビーナス」レプリカ展示 あすから 塩尻・平出博物館

「縄文のビーナス」レプリカ展示 あすから 塩尻・平出博物館

 国宝「縄文のビーナス」に塩尻で会えるかも―。 顔が表現された縄文~古墳時代の出土品を紹介する企画展「顔・かお・貌」展が29日から、塩尻市立平出博物館で始まる。人面付土器や顔面把手など県内各地の約120点が並ぶほか、国宝続きを読む「縄文のビーナス」レプリカ展示 あすから 塩尻・平出博物館[…]

筑北空き家バンクの登録低調 来月、利用促進へ個別相談会

筑北空き家バンクの登録低調 来月、利用促進へ個別相談会

 筑北村は村内に約300棟ある空き家を有効活用して人口増を図るため、8月4日と5日に村役場で所有者を対象とした個別相談会を開く。昨秋から今春に危険家屋を調べるために行った調査で空き家の実態が浮き彫りになった。空き家バンク続きを読む筑北空き家バンクの登録低調 来月、利用促進へ個別相談会[…]

南木曽の「東山一帯」再生へ 遊びや散策 憩いの場に

南木曽の「東山一帯」再生へ 遊びや散策 憩いの場に

 昭和30年代まで、子供たちの遊び場だった南木曽町読書の東山一帯を再整備しようと、町民有志の「東山公園保存会」が活動を本格化させている。2年目の今年は、頂上広場にある石碑の修復などに取り組む。7月末には小学生や保育園児が続きを読む南木曽の「東山一帯」再生へ 遊びや散策 憩いの場に[…]

甲子園でも大応援へ 松商野球部3年生が練習

甲子園でも大応援へ 松商野球部3年生が練習

 8月7日に兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する第99回全国高校野球選手権大会に向け、9年ぶりの出場を決めた松商学園高校硬式野球部の応援練習が27日、校内の屋内練習場であった。スタンドで声援を送る3年生20人が選手を精いっ続きを読む甲子園でも大応援へ 松商野球部3年生が練習[…]

貸し切りバスの安全監査 上高地バスターミナルで

貸し切りバスの安全監査 上高地バスターミナルで

 国土交通省北陸信越運輸局は27日、松本市安曇の上高地バスターミナルで、貸し切りバス対象の監査を抜き打ちで実施した。夏の観光シーズン本番を迎えて、職員9人がバスの運転手に健康管理など安全対策が適切に行われているかどうか聞続きを読む貸し切りバスの安全監査 上高地バスターミナルで[…]

火災件数が4年ぶり増加 松本広域の今年上半期

火災件数が4年ぶり増加 松本広域の今年上半期

 松本広域消防局管内の今年上半期(1~6月)の火災発生件数は前年同期比15件増の82件で、期別で4年ぶりに増加したことが27日までに分かった。原因別でたき火が11件増え、たき火やあぜ焼きが延焼した建物火災、林野火災、下草続きを読む火災件数が4年ぶり増加 松本広域の今年上半期[…]

蟻ケ崎の市道続く通行止め 下水道工事で 周辺に渋滞も

蟻ケ崎の市道続く通行止め 下水道工事で 周辺に渋滞も

 松本市が蟻ケ崎1で行っている下水道 工事に伴い、こまくさ道路蟻ケ崎交差点から正麟寺南交差点までの市道約250メートルが、4カ月近くにわたり全面通行止めとなっている。道幅が狭くガス管 などの地下敷設物もあることから、安全続きを読む蟻ケ崎の市道続く通行止め 下水道工事で 周辺に渋滞も[…]

市道橋の交通量を調査 塩尻市 松本工業高と 連携

市道橋の交通量を調査 塩尻市 松本工業高と 連携

 塩尻市内の 長野自動車道の切り通し箇所に多数ある市道橋の維持管理費の増大が懸念されている中で、市は松本工業高校と連携し、高校生が製作したセンサーと通信機付き の装置を使い、インターネットで交通量を収集する取り組みを始め続きを読む市道橋の交通量を調査 塩尻市 松本工業高と 連携[…]

伝統守る池田夏の風物詩 かんぴょう作り最盛期

伝統守る池田夏の風物詩 かんぴょう作り最盛期

池田町会染 の内鎌地区で盛んだったかんぴょう作りを伝承している「内鎌かんぴょうを守る会」が今年も、昔ながらの製法で生産に励んでいる。手作業で加工した信州の伝 統野菜に認定されている「内鎌ゆうがお」が、日差しに照らされて真続きを読む伝統守る池田夏の風物詩 かんぴょう作り最盛期[…]

王滝中3年の田近嵯季さん 砲丸投げで初の全中陸上へ

王滝中3年の田近嵯季さん 砲丸投げで初の全中陸上へ

 王滝村の王 滝中学校3年の田近嵯季さん(14)が、8月19日に熊本市で開幕する全日本中学校陸上競技選手権大会(全中)に、女子砲丸投げで初出場する。7月の大会 で標準記録を突破して全国切符を手にした。26日、村役場に瀬戸続きを読む王滝中3年の田近嵯季さん 砲丸投げで初の全中陸上へ[…]

古民家の配置と山、相関性探る 神林の塚田さんが独自に調査

古民家の配置と山、相関性探る 神林の塚田さんが独自に調査

 松本市神林の農業・塚田昌明さん(65)が、主に江戸時代に建て られた県内各地の古民家を趣味で訪ね歩き、建物の配置と周辺の山々との相関性を調べるユニークな活動に取り組んだ。表門や母屋の正面から、近隣の象徴的な 山の頂を延続きを読む古民家の配置と山、相関性探る 神林の塚田さんが独自に調査[…]