四賀の野球場建設へ準備 照明塔6基慎重に解体

 老朽化に伴い、野球場として改修する 松本市会田の市四賀運動広場の施設を解体する工事が進められている。市が工事費約3200万円をかけて11月までに解体を終え、年内にも野球場を建設する ための造成工事に取り掛かる。工事期間中は大型車の出入りがあるため、市は「地元に配慮し、安全対策を十分した上で工事を進めたい」としている。野球場の 完成は平成31年3月を予定する。

コメントを残す