山崎正治さんが死去 高校バスケの名将 

 県立高校のバスケットボール部を計14回もインターハイに導き、県内バスケット界をけん引した山崎正治(やまざき・しょうじ)さんが2日、松本市内の自 宅で亡くなった。82歳だった。胃がんの闘病生活を送りながら、亡くなる直前まで外部コーチとして田川高校女子バスケットボール部の指導に出向き、最後まで生徒たちと共にあり続けた。21日午後1時から水汲のキッセイ文化ホールで、教え子や友人らによる実行委員会がお別れの会を開く。

コメントを残す