松本藩ゆかりの火縄銃ずらり 浜宗明さんが島内に資料館 

 建設設計事務所を営む傍ら、火縄銃の演武団体・信州松本藩鉄砲隊 の「隊将」を務める松本市島内の浜宗明さん(67)が、明治維新で松本城下から散逸してしまった松本ゆかりの火縄銃を展示する資料館を、島内の事務所の一 室に作った。県外の愛好家から譲り受けるなどして30年かけて集めた9丁を展示している。

コメントを残す