池田在来種「桜仙峡あずき」 北アルプス山麓ブランドに 

 池田町陸郷 で100年以上生産が続く在来種の小豆「桜仙峡あずき」がこのほど、県の北アルプス山麓ブランドに認定された。特産化を目指す保存会は19日、郷土の小豆 を広めたいと市民参加型の選別会を役場敷地内の教育会館で開き、参加者にお汁粉やあずき茶などを振る舞い味わってもらう。

コメントを残す