山麓線  烏川橋南にバイパス 国営公園へルート明確化 

 安曇野市穂高柏原の「烏川橋」信号交差点近くで、県道・塩尻鍋割穂高線(通称・山麓線)のバイパス道路の新設工事が進んでいる。県は平成25年度に事業着手し、昨年 度までに用地取得を済ませ、30年度中の利用開始を目指している。完成すれば、穂高温泉郷から国営アルプスあづみの公園(堀金・穂高地区)方面へのルート が明確となり、観光目的も含めた車の流れが円滑になりそうだ。

コメントを残す