アリオ松本 今秋閉店 後継テナント誘致へ

 流通大手のセブン&アイ・ホールディングス(HD、東京都)が、松本駅東側で営業している傘下の大型商業施設「アリオ松本」(松本市深志1)を今秋に閉店する方向で検討していることが28日までに、分かった。収益が見込めない店舗を整理する取り組みの一環で、関係者によると、閉店時期は10月下旬か11 月となる見込みだ。アリオ松本が入るビルを所有するアルピコ交通(松本市井川城2)は、後継のテナントを誘致したい考えだ。

コメントを残す