桜描いた力作100点入賞 児童コンクールの審査会

 松本市内の 児童から桜の絵を募った「第31回桜と緑の児童絵画コンクール」(松本観光桜まつり委員会主催、市民タイムス主管)の応募作品審査会が15日、松本市島立 の市民タイムス本社で開かれた。市内小学校19校から寄せられた3228点を信州美術会の会員3人が審査し、入賞作品100点を選んだ。

コメントを残す