禁止のスケボー利用続く 松本・あがたの森公園

 夜間の騒音などが問題となり、松本市 が昨年秋にスケートボード(スケボー)の滑走を禁止したあがたの森公園(県3)で、その後も若者のスケボー利用が続いている。市は立て看板を増やし、スケ ボー施設がある市総合体育館(美須々)と扇子田運動公園(波田)の利用を促しているものの、効果はいまひとつだ。東京五輪の追加競技となってスケボー人気 が高まる中、施設の拡充を求める声はあるが、施設整備が迷惑滑走の抑制につながるかは見通せず、対策に手詰まり感が出ている。

コメントを残す