中条跨線橋架け替え進む 1本目12月ま でに完成

 松本市街地への主要アクセス路の一つ となる、県道兎川寺鎌田線の4車線化事業として進められている、松本駅南側の「中条跨線橋」の架け替え工事が、着々と進んでいる。2車線分ずつ2本の橋を 架ける工事で、1本目の橋の橋台や橋脚が完成した。県松本建設事務所は、12月ころまでに最初の橋を完成させ、平成31年度末までには新しい跨線橋全体を 完成させる目標だ。

コメントを残す