大衆演 劇場 存続へ奮闘 穂高 団員が魅力PR

 中信初の大 衆演劇場として1月にオープンした安曇野市穂高有明の「花・舞台」のステージを守るために、関係者が奮闘を続けている。月替わりで多様な劇団が登場するス タイルで営業をスタートさせたが集客が伸びず5月末にいったん閉館した。大阪の「劇団源之丞」が救いの手を差し伸べ、今月から「花舞台安曇野劇場」として 経営を引き継いでいる。大衆演劇文化を何とかこの地に定着させたいと懸命な団員の心意気に引かれ、地元ファンも協力している。

コメントを残す