西穂落雷事故50年 深志高同期生ら山上で追悼

昭和42(1967)年8月、北アルプス・西穂高岳を集団登山中 の松本深志高校2年生が独標(2701メートル)で落雷に遭い、生徒11人が死亡した事故は1日、発生から丸50年を迎えた。亡くなった生徒の同期生や遺 族、今の生徒らは現場近くの山上や高校敷地内の慰霊碑前に集まり、半世紀前の惨事を思い起こしながら犠牲者を追悼し、事故の記憶を風化させないと誓った。

コメントを残す