プラザ 安曇野が債務超過 経営再建へ市が側面支援

 安曇野市豊 科南穂高の観光拠点「安曇野の里」で売店や食堂を経営する地元住民出資の株式会社・プラザ安曇野(等々力等社長)が、平成29年5月期決算で負債が資産を 上回る債務超過に陥ったことが28日、分かった。客数の減少などが響いて純資産が479万円のマイナスとなった。同社の経営危機は地元や「安曇野の里」全 体に影響を及ぼしかねないだけに、施設を所有する市は事態を重く受け止め、助言などの側面的支援を行う方針だ。

コメントを残す