教育勅語への認識は時代で変化 旧開智学校の関わり研究中

 戦前教育に絶大な影響力を持っていた 「教育ニ関スル勅語(教育勅語)」と旧開智学校の関わりを明らかにする初めての研究が、松本市立博物館分館・重要文化財旧開智学校で進められている。これ までの調査で、教育勅語の捉え方が時代で異なり、明治期には神格化された絶対性が見受けられないことが分かった。市教育委員会は研究の成果を示す展示会も 検討している。

コメントを残す