悲しみ新たに慰霊の登山 県防災ヘリ墜落半年

県 消防防災ヘリコプター・アルプスが松本市の鉢伏山に墜落し、県消防防災航空隊員9人が死亡した事故は5日、発生から半年となった。墜落現場や航空隊の活動 拠点の県営松本空港では、関係者や市民が悲しみを新たにしつつ、9人に追悼の祈りをささげた。

コメントを残す