美須々公園納骨堂、後世に 旧陸軍墓地の周知、関係者願う

 戦後72年が経過する中、松本市岡田 松岡の市美須々公園が、かつて旧日本陸軍の墓地だったことが忘れられつつある。約6000柱の戦没者が眠る納骨堂や松本に配置されていた歩兵第50連隊の 名を刻んだ石灯籠などが残るが、戦争を知る世代の高齢化が進み、心を寄せる人は年々減っている。地域の遺族会関係者らは戦争や平和について考える史跡とし て、存在を広く知ってもらうことを願っている。

コメントを残す