木曽町内の道の駅 山の恵み・マツタケ登場

木曽町内の 道の駅に地元で採れたマツタケが並び始めている。6日と7日に降った雨が生育を促したようだ。昨年は9月に入っても高温少雨傾向で出始めが遅かった。農産 物直売所の担当者は、予報だと雨となる12日以降に気温がさらに下がれば、入荷が本格化するだろうと話す。30日には日義の木曽駒森林公園で「きのこまつ り」が開かれる。

コメントを残す