松本の病児保育室、2カ所増設 体制拡充で定員28人に

 松本市は11日、集団保育や勤務の都 合で家庭での保育が困難な病気の幼児や児童を一時的に預かる「病児保育室」について、平成30年4月から丸の内病院(渚1)とまつもと医療センター(村井 町南2)に開設する方針を明らかにした。現在、相澤病院(本庄2)と梓川診療所(梓川梓)の2カ所があり、増設によって定員が12人から28人に増え、受 け入れ態勢が拡充される。

コメントを残す