木曽の特色生かし地域づくり 県総合計画のたたき台を提示

 県の新たな 総合5カ年計画に組み込まれる「木曽地域編」のたたき台がまとまり、12日に郡内の町村長らに示された。林業に関わる教育機関の集積を生かした人材育成の 拠点化や、リニア中央新幹線開通を視野に入れた広域観光ルートづくり、生活や通院、観光客の足となる路線バスの広域運行などを目指すとうたっている。

コメントを残す