創造、松本第一が4強に高校サッカー選手権県大会

 第96回全 国高校サッカー選手権県大会は22日、松本市のアルウィン芝生グラウンドと松本平広域公園サッカー場の2会場で準々決勝を行い、中信勢は創造学園と松本第 一の2校が準決勝進出を決めた。松本第一は県ケ丘と対戦し、両者無得点のまま前後半40分と延長戦でも決着がつかず、PK戦で勝利した。創造学園は前半に 3点を挙げて主導権を握ると、松商の攻撃を抑え込んで3-0で快勝した。都市大塩尻は前半に先制したものの、その後に上田西に2点を奪われて力尽きた。
準決勝は28日にアルウィンで行われ、市立長野-創造学園、上田西-松本第一のカードとなる。

コメントを残す