2区・下条氏、4区・後藤氏当選 衆院選、務台氏は比例で復活当選 

 第48回衆議院議員選挙は22日に投 開票され、長野2区は小池百合子東京都知事が率いる新党「希望の党」元職・下条みつ氏(61)が返り咲きの4選を決め、4区は自民党前職・後藤茂之氏 (61)が6選を果たした。2区で敗れた自民党前職・務台俊介氏(61)は比例代表北陸信越ブロックで復活当選した。18歳選挙権を初適用した衆院選で、 投票率は2区が58・47%、4区が62・54%と平成26年12月の前回選と比べて4・17ポイント、4・84ポイント上回った。自民・公明の政権与党 が過半数(233)を大きく超える議席を獲得し、是非が問われた安倍政権は国民に信任される形となった。

コメントを残す