セミの生息域市民報告 ミンミンゼミ最多の104件

 松 本市は7日、市内のセミの生息域を調べる市民参加型調査の結果を公表した。6月1日から9月29日までの調査期間に、市民33人から195件の報告が寄せ られた。ミンミンゼミの報告事例が104件で最も多く、アブラゼミが38件、ニイニイゼミが17件と続いた。地球温暖化に伴い、南信地方まで生息域を広げ ているクマゼミの報告はなかった。

コメントを残す