明科・ 長峰荘と穂高プール 指定期間延長 市長が方針

 安曇野市の 宮澤宗弘市長は5日、市議会12月定例会代表質問で、施設の統廃合を巡って揺れる明科の宿泊入浴施設・長峰荘と穂高プールについて、指定管理者の指定期間 が切れる来年度以降も、結論が出るまで運営を継続したいとの考えを示した。今後、指定期間の延長に向けて選定業者と協議する。「一定の時間をかけて、市民 の理解が得られるように説明責任を果たす」としている。

コメントを残す