木曽の「しょうゆ豆」守り継ぐ 小池糀店で仕込み時季に

 木曽地域の 冬場の伝統的発酵食品「しょうゆ豆」の原料となる豆糀の仕込みが、木曽町福島の小池糀店で行われている。しょうゆ豆は低温で発酵させるため、木曽の中でも 木祖村や王滝村といった寒い地域にだけ伝わる味という。「これがないと冬が越せない」という家庭の注文に応じ、今年も手間の掛かる作業が続く。

コメントを残す