安曇野市の耐震診断 申し込み500件超

 安曇野市 が、昭和56年5月末以前の旧耐震基準で建てられた住宅を対象に費用を補助している耐震診断への関心が高まっている。申し込み件数は平成28年度は49件 だったが、本年度は既に500件を超えている。昨年3月下旬に勧奨通知を対象の約1万世帯に送り、周知を強化したことが背景にある。市は、耐震性が低いと 診断された住宅をより多く改修工事につなげ、耐震化率を高めたいとしている。

コメントを残す