ドゥーベルの胸像公開へ 豊科近代美術館 27日から

 安曇野市豊 科近代美術館は27日、主要な収蔵作家で彫刻家の高田博厚(1900~87)が手掛けたフランスの詩人レオン・ドゥーベル(1879~1913)の胸像を 公開する。孤独のうちに34歳で早世した詩人を悼み、友人らが胸像の建立を計画し、渡仏中だった高田が作者に選ばれ、昭和9(1934)年に制作した。所 蔵した像は、フランスにある像を基に鋳造したブロンズで、国内では1点のみだ。高田の遺族がこのほど美術館に寄贈した。

コメントを残す