技術職などの専門職員 松本市が確保に苦慮

 松本市は、技術職や保育士などの専門 的な技能や知識を持つ職員の人材確保に苦慮している。今春採用分の技術職は採用計画人数に足りず、平成28年度の採用分から3年連続で2次募集を実施し た。行政職も含む全体では5年前の24年度に実施した職員採用試験に比べ、受験者が100人以上減っている。好況に伴い民間の採用が活発化しており、市職 員課は「今は公務員離れの状態にあるのではないか」とみている。

コメントを残す