青峰高生が特製おやき販売へ あんに伝統野菜240個作る

 木曽青峰高 校森林環境科ビジネスコースの2年生は、17日に校内で開く専門科展で、授業で栽培した信州の伝統野菜「清内路かぼちゃ」や「開田きゅうり」をあんにした 特製おやきを販売する。12日は、木曽町新開の加工施設・夢人市(野口廣子代表)で、生徒7人が計約240個を作った。

コメントを残す