学校給食費公会計に 教職員の徴収負担軽減へ

 松本市教育委員会は22日に開いた定 例会で、公立小中学校の給食費の徴収・管理を市が行う「公会計化」を、早ければ平成32年度にも実施する方針を明らかにした。現在は各校長の責任で徴収す る「私会計」としているが、公会計化によって教職員の負担軽減を図りたい考えだ。

コメントを残す