松本のキッズ・リユース事業 年間回収量5割増の見込み

 松本市が平成27年度から実施する、 不用になった子供用品を集めて必要な家庭に配る「松本キッズ・リユースひろば」事業が好調だ。島内のラーラ松本を会場に開催しており、配布会の来場者とと もに不用品の回収量も増え、本年度は昨年12月末時点で前年度の衣類・小物の回収量14トン(約4万6000点)に達した。市は「市民に浸透しつつある」 (環境政策課)として、新年度は子育て世代の多い南部地域でも開く方針だ。

コメントを残す