木曽町予算101億円2300万円 防災行政無線デジタル化へ

 木曽町は6 日、総額101億円2300万円の平成30年度一般会計当初予算案を発表した。木曽広域連合のごみ処理施設の建設負担金や三岳保育園建設事業などの終了で 前年度当初比5・4%(5億7700万円)減ったものの、防災行政無線デジタル化工事事業で予算規模が膨らみ、3年連続100億円の大台を超える大型の予 算編成となった。

コメントを残す