松本市の入園待ち100人超 3歳未満児を中心に

 松本市は6日、2月末時点で、新年度 に市内の認可保育園に入園を希望する子供のうち、3歳未満児を中心に100人超が、まだ入園が決まらない保留状態だと明らかにした。入園調整中だが、年度 当初に入園できない子供も多数生じそうだ。市は待機児童解消に向けさまざまな対策を講じているが、「長期的視点」で、0、1歳児の混合保育の見直しや、公 立幼稚園の「認定こども園」(保育園機能を備えた園)への転換も踏まえ研究していく方針も示した。

コメントを残す