想像広がる対話型アート鑑賞 木曽・福島小の児童が体験

木曽町福島 の御料館(旧帝室林野局木曽支局庁舎)で8日、近くの福島小学校4年生が、芸術作品を鑑賞した感想を互いに話して聞き合う「対話による作品鑑賞」を体験し た。18日まで御料館など県内4会場で開催中の美術展に合わせた企画で、木曽地域で初めての対話型鑑賞の試みとなった。自由に感想を語り合ったり作家本人 に質問したりと、一般的な鑑賞スタイルと異なる方法で作品と向き合った子供たちは「面白い」と目を輝かせていた。

コメントを残す