わら文化継承へ細工教室 

明科の鈴木さんが5月から

 安曇野市明 科東川手の鈴木由加利さん(45)は5月、稲わらで籠、ほうきなどの民具を手作りする講座「わら細工教室」を自宅で始める。農村に根付いてきた「わら文 化」を学生時代に学び、現在は無農薬で米作りに励んでおり「わらを生活用具や肥料などに無駄なく活用した文化を継承したい」と企画した。

コメントを残す