被災地東北と向き合う 塩尻の映画・講演会に120人

 東日本大震 災の沿岸被災地を追ったドキュメンタリー「家族の軌跡~3・11の記憶から」の上映会と監督講演会が18日、塩尻市市民交流センター・えんぱーくで開かれ た。節目の季節に合わせて市立図書館が企画し、フリーカメラマン・大西暢夫さん(49)=岐阜県=が取材した宮城県東松島市の記録映像が映し出された。津 波で甚大な被害を受けた被災地はどうなっているのか、市民ら120人が東北の今に向き合った。

コメントを残す