紙おむつ用 ごみ袋無料で 安曇野市が新年度 配布

 安曇野市は 新年度、2歳未満の乳幼児がいる家庭に、市の指定ごみ袋を無料で配布する事業を始める。子育て支援を目的とした新規の取り組みで、紙おむつを捨てるために 使ってもらう。各家庭では、赤ちゃんの紙おむつは使用後、有料の可燃ごみ用袋に入れて処分するが、年間でかなりの量の袋を買う必要がある。通常の可燃ごみ とは異なり、おむつは減量の努力が難しいため、ごみ袋を希望者に配ることにした。

コメントを残す