Fパ ワー発電所 11月着工 塩尻 32年10月稼働予定

 塩尻市片丘 に事業地がある信州Fパワープロジェクトで、事業主体の特定目的会社・ソヤノウッドパワーの出資者の征矢野建材(松本市笹賀)と九州電力の子会社・九電み らいエナジー(福岡市)は12日、県庁で記者会見を開き、事業化が遅れていた木質バイオマス発電所を11月に着工すると発表した。運転開始は平成32年 10月の予定で、当初の構想より5年遅れの稼働となる。

コメントを残す