子供の権利相談が増加傾向 松本市の取り組みが浸透

 松本市が平成25年4月に県内で初め て「子どもの権利に関する条例」を制定し、同年7月に市大手事務所内に子どもの権利相談室「こころの鈴」を開設してから5年になる。こころの鈴への相談件 数は年々増加傾向にあり、昨年度は135件で、相談回数(延べ件数)は最多の395回となった。子供にやさしいまちづくりを目指す市の取り組みが、徐々に 周知され浸透してきているとみられる。

コメントを残す