あやみどりソフト名物に 塩尻 ご当地もので販路拡大 

 塩尻市農業 公社が、ご当地ソフトアイス「あやみどり塩ソフト」の販路拡大を探っている。塩尻生まれの緑色の大豆・あやみどりを用いたソフトアイスで昨年6月に発売 し、昨年度は当初の予想を上回る約2万個を販売した。ソフトアイスを食べたくなる夏場を前に、販売店舗を募っているほか、職員が飲食店などに出掛けて営業 活動を展開している。塩尻の名物として定着させ「多くの人にぜひとも食べてほしい」と意気込んでいる。